時系列で整理から一段上へ、5W1Hで資料を整理するGoogleドライブ活用法

資料管理

どうも、ユメリアリストのかっしーです。

今日は前回に引き続き、時系列でフォルダを整理する方法の応用として、

『5W1Hで資料を整理するGoogleドライブ活用法』について話したいと思います。

Googleカレンダーを活用して5W1H資料整理

まず結論から話しますと、5W1Hで資料を整理する方法には、

『GoogleカレンダーにあるGoogleドライブのファイル添付機能』を活用します。

たったこれだけです。

わざわざフォルダやラベルで分類する必要はありません。
前回にも話しましたが、フォルダやラベルによる整理は『整理のための整理』や『こうもり問題』になりやすいため、私としては、オススメしていません。

では、具体的にGoogleカレンダーを使った資料整理方法を解説します。

以下のようにカレンダーの予定を開くと、赤の矢印の位置にGoogleドライブのファイル添付できる機能があります。
ここにファイルを添付するだけです。

これによって、

Who(だれが)

スケジュールは当然、自分の予定です。そのスケジュールに資料を添付するので、その資料は自分のものになります。

When(いつ)

また、スケジュールなので当然、日付と時間が設定されています。そのため、スケジュールに添付したファイルにも、日付と時間が設定されます。

Where(どこで)

さらには、Googleカレンダーには、Googleマップと連携して位置情報も設定できるため、その資料をWhere(どこで)作ったのかも設定できます。

What(なにを)

Whatに関しては、人によって使い方が違うかと思います。
私の場合は『何を達成するか』、つまり目標設定につかっています。

そして、私はGoogleカレンダーのメモ欄に目標を設定しています。なので、これもファイルを添付するだけで設定できます。

Why(なぜ)

Why(なぜ)もWhat(なにを)と同様に、カレンダーのメモ欄に目的を設定しています。なので、これもファイルを添付するだけで設定できます。

How(どのように)

How(どのように)は手段になり、こちらもカレンダーのメモ欄に行動をを設定しているので、ファイルの添付で設定できます。

最後に

GoogleカレンダーとGoogleドライブを活用した5W1Hによる資料整理はいかがでしたでしょうか?

手間に見えるかもしれません。
ですが、フォルダ・ラベル・タイトルごとにルールを決め、整理するよりも、カレンダーに添付するだけなので、むしろ楽で時短かと思います。

さらに、常に5W1Hを意識して、スケジュールを計画したり、資料を作成することができることも良い点です。

もし良ければ、試してみてください。

また、動画でも紹介しているので、参考にしてください。

ではまた、夢を現実にするまで

資料管理
この記事を書いた人

『二次元に行く』という謎の夢に生き、本気で実現するためにタスク管理やライフハックの沼にハマっていく日々を過ごしています(もはや病気である)
そろそろネット上の情報に飽きてきたので、学術論文とかも調べよう。

>>詳細プロフィールはこちら

▼フォローお待ちしております。

かっしーをフォローするならこちら▼
かっしーをフォローするならこちら▼
たゆたう森の愉快な遊戯録

コメント